作品詳細閉じる  
表現画房たけ『たけの世界』
作品No20 「御法度の心として」

御法度の心として(心の中からなくすべき感情) 「憎しみ(Hatred) 嫉み(Jealousy)猜み(Joundice)羨み(Envy)呪い(Curse)怒り(Anger)不平(Dissatisfaction)不満(Discontent)疑い(Doubt)迷い(Bewilderment)心配ごころ(Anxiety)咎めの心(Reproach)いらいらする心(Irritation)せかせかする心(Restlessness)を起こしてはならぬ」

僕は子供の時から「人は何のために生きているのか」「死んだらどこへいくのか」なんて考えている子供でした。
手塚治虫先生の「火の鳥」から始まり、僕は昔からそれらが疑問で精神世界の本を買いあさった。そんな中、ある人の著書の中に「宇宙学」なるものが紹介されていた。
そこで紹介されていた「宇宙創造神様の御教え」に一発でKOされた。「これかー探してたのはー」と感動しました。
この教えを読みながら魂が喜んでいることがわかった。この教えを読み、すぐにこれを紹介した方に会いに行き、いろんな話しを教えていただいた。
10年前の話ですが,それから今まで,そしてこれからもずっと僕の中の根幹になる考えだと思います。
僕が絶望から早く脱出できたことは,この宇宙学の教えのおかげ,と思います。
表現画房たけ『たけの世界』
作品No20(原画/額付)
「御法度の心として」
●509mmx394mm
価格54,000円(税込)

原画はご注文を受けてからの製作になりますので、お手元に届くまで約2ケ月ほどお時間をいただいております。
表現画房たけ『たけの世界』
作品No20(ポストカード)
「御法度の心として」
価格162円(税込)
【額の購入はこちら】